絶対零度と時の謎
面白い事書かない上にあまり更新しない。そんなんで良ければ是非見てやって下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本気怖かった
ある梅雨の深夜の実話


「そろそろ行く時間か・・・」

そう呟くと少年は、読んでいた本から目を上げ、時計を見る。
太陽はとうに沈み、空は暗い 23:30。
何処に行くのだろうか? 一般には外に出歩く時間ではない。

(うわ・・・雨降っとるやん 傘持ってくるんやった・・ 雨音なんか聞こえんかったんやけどなぁ)

マンションから出た瞬間、小さな水の粒が一粒、頬に当たる。
心の中で文句を言うが、天候はそんな事で変わりはしない。
傘を取りに戻る時間も無く、諦めて目的地へ向かう事にした。
[本気怖かった]の続きを読む
スポンサーサイト
本読みながら歩いてたらやっちゃいましたよ
電柱があらわれた!!

しかし氷は敵の出現に気づかない!

電柱の先制攻撃!クリティカルヒット!

氷に9999のダメージ!



なんだこのベタな展開
もう嫌だ(´;ω;`)
新 青眼サポートカードが出たぞー
《伝説の白石(ホワイト・オブ・レジェンド)》
チューナー(効果モンスター)
星1/光属性/ドラゴン族/攻 300/守 250
このカードが墓地へ送られた時、自分のデッキから「青眼の白龍」1枚を手札に加える。


青眼を手札に・・・か
トレードインや古のルールをつっこめっと言う事か
でもチューナーってもレベル1なんだよなぁ
でも手札コストとしては青眼は最善かもしr・・・・・!!!

未来融合→FGDの素材→青眼三体→融合→うまー
の方程式が・・・!!!


これはすごい 光龍デッキの強い味方になるに違いない(じゅるり

いやっほーi(ry
文字書くのも楽しいなぁ
最近小説まがいな物を書いてるんですが、
アイデアを考えて文字を書くことにはまりつつあります。

肝心の書きあがったものは・・・完全に素人レベル以下ですが

まぁ誰も困らないし、勝手にやってても良いですよね

上手くなりたいな~

さて、途中でほうり投げずに何処までいけるか楽しみだ

明日の内容が「もう諦めました」にならない事を願うばかりです。


楽しいうちは続くかな





でもブログの更新はネタ浮かばなすぎて放置気味なんだよな・・・・本当に大丈夫か?
全力で現実逃避だ
今日、駅でランドセル背負った子に見下ろされました。

あれ……目から水が……おかしいな
・・・・・ぐすっ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。