絶対零度と時の謎
面白い事書かない上にあまり更新しない。そんなんで良ければ是非見てやって下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いい加減終わらせよう 続き3
テストは水曜日から・・・
勉強・・・月曜と火曜で本気出す(`・ω・´)
休みだから何とかなると信じたい。

では続きを
いつも通り机を拭く少年


そして、一つ目の教室の机を拭き終わった。
いつものように、二つ目の少し狭い教室の扉を開けて中に入る。
ただし、いつもと同じなのは、そこまでだった。


「・・・!」

気づいてしまった。足元に黒い物体が蠢いている事に。
少年の顔は一瞬で急激に青ざめていく

(出たよホントに・・・)


すぐさま後ずさって扉を閉める。
まだ拭き終わっていないが、そうする事しか出来なかった。

少年は今すぐ帰りたい気持ちで一杯だったが、一人で来た以上逃げは許されない。
心の中で涙目になりながらも、他の教室を先に済ませて行く。

(ここにも・・・出るかもしれないんだよな・・・)

その間にも、さっきの出来事が少年を恐怖させ、精神力をジワジワと削っていった。


やがて無事に他の教室の机を全て拭き終わり、掃き掃除を始める段階になった。

(あの教室は開かずの間にして、終わった後でなんとかしよう)

ナチュラルに現実逃避をしながらも、箒とチリトリを職員室に取りに行き、仕事を進めようとした。
その時だった。何者かの気配を感じ、周りを警戒する。

「!!!」

そこには、シンクの中で触覚を動かす黒い影・・・

(やっぱりもう一匹いたあああああああ!!!!)

音速のスピードで職員室と教室の間の扉を閉める。
少年はもはや、ギブアップ寸前だった。

(帰りたい・・・もしくは耐性のある仲間が欲しい・・・)

なんかもう、へたれ丸出しである。
しかし、某ネコ型ロボットのような、困った時に甘やかしてくれる存在は此処には無い。
覚悟を決めた少年は、辺りを異常に警戒しながら掃き掃除を進めて行く。

そしてその教室は終わり、職員室を経由せずに、廊下へ出れる扉を使って他の教室へ移動。
掃き掃除を進めていったが、終わった頃には始発が出る時間帯になっていた。
帰るのが遅くなる事くらい、少年は気にしたりはしない。働いている間は睡魔も襲って来ない。
ただ一つ、問題点があった。

(あ・・・まだモップ掃除が・・・)

つまりは・・・職員室にモップを取りに行かなければならない。
そして、先ほどのシンクで水を汲み、また全ての教室にモップをかけなければならないという事であり、おまけに開かずの間も残っている。
背中から嫌な汗が噴き出してくる・・・気持ち悪い お風呂入りたい。

(ハハ・・・ハハハハ・・・ 帰ったら日記に書こうか・・・)

現実逃避の世界に旅立とうとしていたその時、
一つのアイデアを思い付き、教室にさっきの物体・・・ゴキブリがいないかを確かめ、
次々に教室の扉を閉めて行く。
そして開かずの間以外の教室の安全が確保された時、職員室と廊下をつなぐ扉を開けた。
目標物は、教員用の机の下で不気味に触覚を動かしている。

(たのむから・・・出ていって下さい)

そして少年は行動を起こす・・・・・・・



















(クルリ) バッ・・・! タッタッタッタ・・・・

・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・・少年は階下へと逃げて行った



場所は変わって建物の外、
自動販売機から缶ジュースが吐き出される特有の音が聞こえてきた。
缶ジュースを取り出し、階段の脇にある一階の教室へと続く扉を開けようとするが

(待てよ・・・最初掃除した時は出なかったとは言え、お札(ゴキブリホイホイ的な何か)があれだけあるって事は、一階ももはや安心出来ないな・・・)

外で飲む事にした。

(こうやってる間に移動してくれたら良いけど・・・)

そうして20分近く外で待機 完全に運任せな作戦である。
もしも引きこもり気味なゴキが相手だとどうしようもない・・・

しかし、その作戦は功を成し、職員室にはゴキが見られなくなっていた。
チャンスとばかりに目を光らせ、モップを用意し、
さっき安全を確認して密封しておいた教室に乗り込み、仕事を終わらせていく。
途中で廊下の壁にゴキを発見し、螺旋階段で2階に降りてから正規の階段で上がったり、遠回りしまくったのは内緒。

そして残りは開かずの間のみとなった。
(ゴクリ・・・・)

ガチャ・・・






(あ・・・・全然汚れてないな 前の人が掃除してから使ってないのかな)

・・・ガチャリ

普通に綺麗だったので、ゴキが2体いたのは見なかった事にして、閉めた。

何のためらいもなくゴキブリ退治を塾の先生に丸投げ。
だって・・・・無理だし
仕方ないよね?ね!?


無事(?)3階の鍵を全て閉め、一階の掃除をした時にあらかじめ外に出しておいたゴミ袋を持ち、
恐怖の塾を後にした。

空は既に明るく、始発から2時間30分が経過していたと言う。





はい、少年のへたれ具合が良くわかりますね。
まぁ僕なんですが

あ、最初関西弁で始めたのに何か戻ってますね まあ良いかw





ふぅ・・・・・・・もう見たくない
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
最近、かまってもらえない・・・
こーちゃんの意地悪ぅ
2008/07/24(木) 07:04:13 | URL | 氷さんの恋人 #tHX44QXM[ 編集]
恋人なんて人は知りません
変人ですか そうですか(・∀・)


テスト週間だから仕方ないんですよー
2008/07/25(金) 17:43:01 | URL | 氷 #qYUYqg0o[ 編集]
氷さん! 彼女をいじめるなんて酷い!
氷の彼女ちゃんが泣いているじゃないか!
2008/07/31(木) 09:24:24 | URL | 炎の恋人 #tHX44QXM[ 編集]
いや、同性な上に遠距離なんて、普通にありえないんで。

そ ん な 事 知 る か


という、冷徹なリアクションを受け取ってくれ。

ちなみに拒否権は無い



ん、真面目に拒絶してみたけど、冗談だってのは分かってるからお気になさらず
2008/07/31(木) 14:46:36 | URL | 氷 #qYUYqg0o[ 編集]
一応、話は二人からきいたんだけどさぁー
遠距離とやら同姓とやら一体どういうことなのだい?
僕には理解できないよ
2008/08/05(火) 10:04:23 | URL | 雷さん #tHX44QXM[ 編集]
あぁ

この茶番劇みたいなのは全部冗談で

恋人って名乗ってる人は、男の子でアメリカに住んでるんですよ。

おフザケなんで深い意味は無いです
2008/08/05(火) 12:01:06 | URL | 氷 #qYUYqg0o[ 編集]
こーちゃんの本妻
今の人は誰なの!?
ひどいボクとの付き合いはお遊びだったんだね!
絶対許さない!絶対許さないからね!
でも・・・星間飛行歌ってくれたらボクも少し考えるよ?
(ニコニコでぐぐればすぐ出ます)
2008/08/05(火) 21:52:49 | URL | Kマ(本人希望により名前伏せ) #-[ 編集]
こーちゃんの友人
っく・・・・・・!
氷さんが好色家だったとは!
氷さんは公職家だと思っていたのに・・・!
氷さん!彼女分けてくれ!
2008/08/06(水) 07:52:12 | URL | ドラゴンさん #tHX44QXM[ 編集]
みんな悪ノリしすぎだw

星間飛行・・・?
すいやせん・・・知らない歌は歌えませんぜ旦那・・・
2008/08/06(水) 09:41:28 | URL | 氷 #qYUYqg0o[ 編集]
これはひどい……
2008/08/07(木) 15:12:53 | URL | サロン #-[ 編集]
氷さん、サロンさんとはいったいどういう関係なんですか!
教えなさい!
2008/08/08(金) 07:52:32 | URL | サロンさんの友人 #tHX44QXM[ 編集]
さあ泥沼になって参りました
2008/08/08(金) 12:47:34 | URL | 氷 #qYUYqg0o[ 編集]
混沌としている
子おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお多覆多覆多降りぃいいいいいいいいいいいい意いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいちゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああんんんんんんんんんんん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
2008/08/09(土) 07:16:44 | URL | もう、何もかもが #oh4NkpYI[ 編集]
(ニッコリ笑って)

氷「五月蝿い」
2008/08/10(日) 03:16:02 | URL | 氷 #qYUYqg0o[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://koorinome.blog59.fc2.com/tb.php/140-0fd24eec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。